Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
オーナーへメッセージ
大阪なんば味園ビル2Fにひっそり現れたぼくらの秘密基地、なんば白鯨。その弟として生まれたBAR群青海月(ぐんじょうくらげ)。
金属とガラスによる作品に囲まれ、他ではないボトル、グラスでお酒と大量のオリジナルソフトドリンクで楽しい気分になれるお店。
日替わりのスタッフがきままにお喋りします。

2008年09月04日

元バレーボーイズ!~マンガみたいな人生じゃないか!その1~

僕が愛する漫画の中に”工業哀歌バレーボーイズ”というマンガがある。僕はダラダラと読めるするめ漫画が好きなので、軽~く読めるそういうマンガが好きなのだ。しかしである。そのバレーボーイズが50巻で終わり、現在おかしな事になってるのである。今日はそんな漫画”好色哀歌 元バレーボーイズ”を軽く紹介。

そもそもバレーボーイズを簡単に紹介すると、赤木、宮本、谷口の馬鹿工業高校生トリオがエロだけを目的に、日々お馬鹿に生きるといった内容である。実際、ほとんどがSEX絡みのお下劣ギャグであり、登場人物も脳みそが小さくなりすぎて馬鹿になるとか、チンコを骨折するとかそんな話である。しかし、元バレーボーイズは全く違う。

赤木→会社が倒産して一家夜逃げ。唯一本命といえる恋人は事故に逢い半身不随
宮本→元恋人(虎子)はおデブホステスになり、自分は料理人に。しかし、そこで出会った女性は店主の浮気相手。その後であった女性は事件に巻き込まれ顔を石で殴られ顔面破壊。整形手術をし、肉体関係を共用されている。
谷口→貧乏だった家庭の大黒柱の母親がガンで他界。自身はまじめに働きだすが、右足に大きな病気を抱え命の危機に。やっと出来た恋人も、強姦の被害に。

現在8巻まで出ているコミックスだが、主なストーリーはこんな感じ。はっきり言って驚くほど暗くて不幸である。しかしこのマンガの素晴らしいところは、それでも主人公たちは明るく馬鹿なのである。そんな不幸に立ち向かう大人になれない馬鹿達の姿にはブルースを感じざるを得ないし、何処か自分を重ねてしまう。

人間どうして悲しい話が好きなのかは分からない。ただ、悲しい話の中に見える希望こそ、より大きな希望に見えるのは確実である。何故だか登場人物が行方不明になったり、死んでしまったりというのが多くなったこの”バレーボーイズ”。今後の展開と、その終わり方は25歳を超えたおっさんの僕には目を話すことが出来ない、重要な漫画なのである。

小さな不幸で悩んでたり、日々の楽しさを見失った時に是非読んで欲しい漫画”好色哀歌 元バレーボーイズ”。工業哀歌をご存知で、まだ好色哀歌を詠んでない方は是非話のネタに読んで欲しいものである。






同じカテゴリー(マンガ)の記事画像
番外!中村佑介 ~漫画編~
江戸むらさき特急 漫画みたいな人生じゃないか!その12
夜叉鴉 漫画みたいな人生じゃないか! その11
ザ・ムーン 漫画みたいな人生じゃないか!その10
暴力の都 漫画みたいな人生じゃないか!その9
鉄鍋のジャン 漫画みたいな人生じゃないか!その8
同じカテゴリー(マンガ)の記事
 鈴木みそ (2012-03-13 19:48)
 報告!夜叉鴉 (2008-11-29 04:11)
 番外!中村佑介 ~漫画編~ (2008-11-28 22:10)
 江戸むらさき特急 漫画みたいな人生じゃないか!その12 (2008-11-28 14:42)
 夜叉鴉 漫画みたいな人生じゃないか! その11 (2008-11-19 09:15)
 ザ・ムーン 漫画みたいな人生じゃないか!その10 (2008-10-15 11:23)

Posted by 群青海月 at 05:01│Comments(0)マンガ
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。