Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
オーナーへメッセージ
大阪なんば味園ビル2Fにひっそり現れたぼくらの秘密基地、なんば白鯨。その弟として生まれたBAR群青海月(ぐんじょうくらげ)。
金属とガラスによる作品に囲まれ、他ではないボトル、グラスでお酒と大量のオリジナルソフトドリンクで楽しい気分になれるお店。
日替わりのスタッフがきままにお喋りします。

2008年06月29日

被害妄想~アーカイブ~

デブ被害妄想という言葉がある。世の中にあるわけではない、僕の中にある言葉だ。(ちなみにオリジナル単語では他にファミコンジゴロなどがある)このデブ被害妄想の話は、これからもこのブログにて登場する単語になるのでどういうものかを分かっていただきたい。なので、今日は過去のブログからこのデブ被害妄想についての日記をお届けさせてください。



どうやら僕は結構な被害妄想らしい。僕は今年で28歳になるのだが、つい2,3年前までそのことに気がつかなかった。電車で誰かが笑えば当然自分のことだと思い、友人が2人連続de電話に出ないと”実は嫌われてるのか?”と考える。こんなことは全ての人が当たり前に思ってるし、それに気を使って生きるか開き直るかの違いだけだと思っていた。

しかし、数年前に友人に聞いてみるとそれは少し特別な事だと言われた。当然、そう言われたときも”自分だけ卑屈なのか?”と被害妄想気味に考えたのはいうまでも無いが、その後自分が被害妄想だと自覚はあったのだが、それでも自分の中で特殊な例があることに1年ほど前に気がついた。それが”デブ被害妄想”である。

具体的に書こう。僕は太ってる。まあ、デブだ。ギリギリのところでブタではなく人間なのは、なんとかしゃべれる言葉のおかげだろう。もしも僕が”How are you?”の意味も分からなかったら、恐らくブタと間違われるだろう。しかし、そうやらこんな動けないサモハンことぶっちょにも同等の権利が与えられてるらしい。その権利とは”おかわり権”だ。

トンカツ屋などに行くと”ご飯おかわり自由”なんて言葉を見かける。大体僕はこの言葉につられてそういう店に行くのだが、いざ食べだして1杯目をペロリ。そして、ご飯おかわり!まぁ、二杯目まではOKだ。しかし、三杯目から僕の何かが目覚め始める。店員さんの目線が
「こいつやっぱよく食べるな。」
と言い出してる気がするのだ。しかも、その三杯目のおかわり時に他の人がまだ一杯目だったり、”お連れ様は如何ですか?””結構です。”なんてやり取りが合ったりすると
「やっぱ、デブは違うよな!ひょっとして、ブタなんじゃないの?」
位に感じるのである。そんな状況の中四杯目にもなると
「やれやれ、何処の養豚所から来たのかしら?まるで共食いじゃない!」
ぐらいの妄想が僕の中では絶好調に回ってるのだ。そして、ついたいして欲しくも無いのに
「あっ、キャベツもください。」
なんて心にも無いようなことを言ってしまう。

太ってることで残り物をくれるとか、大盛りにしてくれるなんてアプローチを見せる店員さんなら心も開くのだが、どうしてもバイトっぽい女子の店員なんかだと、被害妄想全開になってしますようだ。どうやら、友人が言うにはこういうことを考えるのは僕だけらしいし、それは被害妄想だというのだが、心配すること無いという彼らの台詞は
「どうせ、見た目でよく食うんだろうなって思ってる。」
だというのが、僕の新たな悩みごとだったりするのである。





ちなみに、デブ被害妄想とは裏腹に得をすることもある。法事なんかで、懐石の後半に出てくる天ぷらなんかは年配の方の胃には重いらしく、僕の周りには常に5盛りくらい回ってきたりする。そういう時はラッキー!とかって思うのだが、これってやっぱりみんなの予想通り”どうせよく食うデブ”になってるんじゃないか!しまった。
そんなこんなで、デブ被害妄想日記はこれからも続きます。



Posted by 群青海月 at 12:15│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。