Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
オーナーへメッセージ
大阪なんば味園ビル2Fにひっそり現れたぼくらの秘密基地、なんば白鯨。その弟として生まれたBAR群青海月(ぐんじょうくらげ)。
金属とガラスによる作品に囲まれ、他ではないボトル、グラスでお酒と大量のオリジナルソフトドリンクで楽しい気分になれるお店。
日替わりのスタッフがきままにお喋りします。

2009年03月30日

さぁ

平気でいる。

それが命の強さだ!



それだ!
  


Posted by 群青海月 at 23:38Comments(0)

2009年03月30日

才能とかそんなもんはどうでもいい



今日は、夕方から大先輩ナオユキさんのステージを記録撮影しに中崎町の方へ。

今日のライブは、ブックカフェワイルドパンチという場所で、良元優作さんという弾き語りの方とのツーマンでのイベントと聞いていた。そして、この優作さんはナオユキさんが前々から凄い!と勧めてくれていた方で、僕も今日は半分以上ただ楽しみにカメラ片手に会場へ向かった。

そして、六時を少し回った頃イベントは始まったのだが、さきに優作さん、後にナオユキさん、最後に二人で軽くセッション。という形だったのだが・・・凄い!とにかく凄い!
ナオユキさんの喋りも、肩の力がすっかり抜け、じんわりじんわり心の隙間を埋めていく。あの日のジメジメした記憶を笑いにして、独りぼっちだと思ってた僕のコンプレックスをどんどん昇華してくれる。
それに、優作さんの歌も、上品に僕らの心を鷲づかみにし、気がつけば僕たちは見たことも無い景色を見たような気持ちになり、その景色の中に自分たちの弱さと生きる楽しさを見つけていた。そうすると、悲しくも無いのに自然と涙がこぼれそうになるのだ。

この二人の表現力はとにかく凄く、これを才能だとかいうような言葉で片付けてしまうのはとってもナンセンスな気がした。二人とも、ただ人間なんだと強く思えるライブで、それに我々人間は呼応したのだ。


そして優作さんと話をしたら、初対面だけどずっと前から知ってるような安心出来る匂いがした。一緒に何かやれたらいいな…そう思ってたら、優作さんから声を掛けてくれ、一緒に何かを作れるかもしれない。それなら僕は、一生懸命真摯に頑張ろう。そう思える、少し肌寒い夜だった。


その後、約束していた撮影のため味園に向かう。途中、すれ違いに偶然出会った人に少しすっぱい二日遅れの約束を渡し、帰り道今日の約束を思い出しながら帰り道という曲を流してみた。


良元優作
http://ysaku.exblog.jp/i7


  


Posted by 群青海月 at 04:48Comments(0)一般