Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
オーナーへメッセージ
大阪なんば味園ビル2Fにひっそり現れたぼくらの秘密基地、なんば白鯨。その弟として生まれたBAR群青海月(ぐんじょうくらげ)。
金属とガラスによる作品に囲まれ、他ではないボトル、グラスでお酒と大量のオリジナルソフトドリンクで楽しい気分になれるお店。
日替わりのスタッフがきままにお喋りします。

2009年01月12日

R1観戦

先日書いていたぬまっちさんの事について、続きを少し。


まず簡単に説明。ぬまっちさんは松竹所属の芸人である。現在代表的なネタとしてガンダムのキャラクターである”シャア・アズナブル”の物まねを主軸としたネタを持っている。ので、世間的には”シャアの人”と言う認識で見られることが多いのではないだろうかと思う。そして、そんなぬまっちさんと僕がいつも会うのは”ガンダム講談会”であり、そこはいわばぬまっちさんからすればホームなのである。しかし先日、ぬまっちさんがR1に出場すると言う。当然、ガンダム講談会とは違い、日本人のたしなみとは言え”シャア”のことを知らない人間も恐らくいるだろうと言う舞台。マニアックなネタというかは、間口の広い一般受けするネタのほうが有利であるのは間違いない。しかも、予選のネタ時間は2分。確実な笑いがほしいところである。

そんな状況であるので、普段とはま逆の超アウェイな場にぬまっちさんが赴くと言うのは、いわば男が戦場に向かうようなものである。これは是非見届けねばと、R1予選会場に様子を見に行ったのである。

この日の予選は11時からはじまり、1ブロック30人。これをAからGブロックまで、およそ200人のネタが怒涛のように進むのである。ぬまっちさんの出番はGブロックであると事前に聞いており、お客さんがネタ地獄の中で弱ってきている時間であり、非常にやりにくいであろうと考えられる出番。予定の時刻より少し遅くなってしまい、もう始まっていないかと小走りで会場に向かうも、受付で”ぬまっちさんはまだですか?”と聞くと、”あ、トリなんで大丈夫です”との事。

え!

なんと、大トリらしい。いや、これは大変にやりにくい。もう、軽く腐り始めるくらい弱ってきた所でのネタである。うむむ、頑張ってほしい。


しかし、会場はまだFブロックが始まったところと言うのに疲労しきった会場。淡々と行われていくネタの中でうつむいていく観客は、始業式のやたら長い校長先生の話を聞く中学生のよう。”あぁぁ、ここは地獄だ”本気でそう思い、何故かニヤニヤしていた。すると、突然途中元ダックスープのスタンダップコメディアン”ナオユキ”さんが登場!おぉぉぉ、出てはるんだ!まずそれが驚き!しかし、かつてないほど重い空気の中!!しかし、流石というか勉強させて貰った。出てくるときの歩き方、話し始めるタイミング、声のトーン、それだけでナオユキさんは会場の空気を緩やかに流し始めた。そして、安定した構成と間で淀みきった会場に、一筋の抜け穴のようなものを示しナオユキさんは捌けて行った。


しかし、安心したのもつかの間会場の空気はGブロックラスト30人に入る頃には混沌を極めていった。ボケが一切無い、何を言っているか2分通して3単語くらいしか分からない、さざえさんのEDの真似をするムキムキのおっさん、自分の影に怯え叫ぶ男。そんなオモシロ人間大集合のようになってきた会場で、僕らの笑い声だけが響き渡り、気がつけばそこはアングラな香りのする危険な舞台になっていた。もはや観客も、何を見に来たのか分からなくなってきてさえいる。そんな中、シャア芸人ぬまっちは最後に爆笑の嵐を起こし予選突破するのか!?果たしてシャアはこの空気を振り払うことが出来るのか!?

そんな緊張感の中、ぬまっちさんので出番がやってきた。そして、袖から出てきたのは坊主頭に帽子を被った男。そう、御大、富野由悠季監督のネタでぬまっちさんは戦場に現れたのである!!

はっきり言って、ぬまっちさんの御大物真似やたらと完成度が高い。しかも、ここ数ヶ月でさらに磨かれたネタである。しかし、しかしである!多分、予選会場のほとんどが御大の事を知らない!しかし、それでもネタの内容で空気を作っていくぬまっちさん。はじめは僕ら以外に一人だけが爆笑していたのだが、それが広まってきて御大を知らない人たちもなんとなくルールが分かってきて笑い始めた。おぉ、いいぞ!いけるぞこれは!しかし、そう思い始めた頃に時間となり、ネタは終了してしまった。



己の笑いを信じ、自らのオリジナリティ、個性で戦場に向かった男”ぬまっち”僕はその姿を見届けにこの日R1会場に足を運んだ。その姿は戦士であり、ROCKであった。あとは結果がついてくれば完全な勝利である。


結果は・・・



一時予選通過!!


ナオユキさんが!!おめでとうございます!!



ぬまっちさんは残念ながら、通過ならずでした。けど、そりゃそうだわな。だって、みんな知らんやろう!

しかし、それでも男の散り方としては素晴らしく、僕の心には熱く深く刻まれた一日であった。



  


Posted by 群青海月 at 19:31Comments(3)一般