Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
オーナーへメッセージ
大阪なんば味園ビル2Fにひっそり現れたぼくらの秘密基地、なんば白鯨。その弟として生まれたBAR群青海月(ぐんじょうくらげ)。
金属とガラスによる作品に囲まれ、他ではないボトル、グラスでお酒と大量のオリジナルソフトドリンクで楽しい気分になれるお店。
日替わりのスタッフがきままにお喋りします。

2009年01月06日

旭堂南半球

僕はガンダムが好きだ。
どれくらい好きかはわからんが、ロボットが嫌いな男の子はいないからね…って位は好きだ。

他の本気の人に比べると一番好きなアニメは宝島だし、ファーストが一番すきでもないし、ガンプラは途中で飽きてまうこと多いし、正直そこまでストイックにガンダムだけを愛せるわけではない。第一好きなガンダムって聞かれて頭に浮かぶのが”ZZ”とか”W”とか”G”とか”08”だから、まぁ軟派だな自分・・・とはよく思う。それでも、多分普通の人よりかはファーストもよく見てるし、まだ知ってる方な気はする。

しかし、そんな僕に比べてガンダムだけをより深く愛する人がいる。それがガンダム講談を行っている南半球さんとぬまっちさんだ。
この二人は「アニメの中ではガンダムが好きだ」とかいうレベルでなく、「ガンダムというものがとにかく素晴らしい」というスタンスでガンダムが好きだ。僕なら”好きなアニメガンダム”だが、この二人は”趣味ガンダム””尊敬する人ガンダム””理想のタイプガンダム”って感じだ。なんていうか、人生のガンダム濃度が濃いのだ。


そんな二人が出演しているガンダム講談を9月から撮影班としてお手伝いしてるのだが、なんていうかいいイベントになってる気がする。全体的にアットホーム感があり、いい意味での身内感が広がってるのだ。お客さんも含めて、みんなガンダム好きなんだなぁって空気があり、とても良い気がする。



そんな中新年は一年戦争が始まった1月3日にあったのだが、今回の講談を見て驚いた。講談はガンダム大地に立つからはじまり、順を追って進んでるのだが今回はジャブロー!そう、ガンダムでも一番面白くなってくるところ!てこ入れが入って色んなロボットが出てくるところ!てこ入れでシャアがおかしくなり始めるところ!

その辺りの講談が行われたのだが、めちゃくちゃ面白い!
ジャブロー辺りのシャアのおかしさへの的確な突っ込みと、気になるズゴックの動き!それでいて、ズゴックの強さとゾックの弱さの表現!さらに、名曲哀・戦士を用いての感動的な演出と、南半球さんが講談化した馬鹿げた音演出が重なり合い、その伝統芸の中で小学生のように暴れる南半球さん!
ついに、ガンダム講談がガンダムの講談化の域を超え、ガンダム講談として歩おき始めたと確信したクオリティであった。


そして、これからはジオンが色んなMA、MSを出すがどんどんガンダムにやられ敗戦していき、色んな人が死んでいく盛り上がりを見せる終盤に入る。これからのガンダム講談は一番面白いところに突入するはずである。

身内だからというわけではなく、ガンダムが好きなら一度見に来てはいかがだろうか、ガンダム講談。




以上、三日の感想でありました。  


Posted by 群青海月 at 19:41Comments(2)オタク