Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
オーナーへメッセージ
大阪なんば味園ビル2Fにひっそり現れたぼくらの秘密基地、なんば白鯨。その弟として生まれたBAR群青海月(ぐんじょうくらげ)。
金属とガラスによる作品に囲まれ、他ではないボトル、グラスでお酒と大量のオリジナルソフトドリンクで楽しい気分になれるお店。
日替わりのスタッフがきままにお喋りします。

2008年11月05日

色々と

眠いんだけど、眠れない。そんな夜なので、改めてここ最近の事なんかを。

まずは、11・1に母校大阪教育大学にて映画研究会ライパチフィルム主催で中村佑介講演会を行いました。まずは、中村君毎年ありがとうって思います。

人と人の出会いってのは凄く濃密な情報で、自分が憧れる人や尊敬出来る人との時間ってのは大変な財産な気がします。一人でウムムと悩んでみたり、本を何冊も読んでみたり、ネットで色んな人と知り合ったりしても全ては一人の世界で、僕が思うより世界はずっと広くて懐が深いようです。そんな中で、たった一瞬の出会いでも、それが自分にとって道しるべになったり、ゴールになったり、エネルギーになったり。だって、人間はそんな瞬間のためにきっと生きていたいものだと思うのです。そして、そんな人との出会いってのは、正しいかはさておき、とにかく前に進む原動力になることが多々あります。
自分の思い込みや、卑屈さや、女々しさや、弱さ。そんなもん全部笑い飛ばして、それでも前に進もうってのは、結局誰かに認めてもらうために生きていくことなんかもしれません。
そして、僕は自分の後輩たちにそんな機会を作りたいって思って、はじめ中村君にお願いしたのが二年前でした。

それが今年で三回目となり、色んな人が来てくれました。講演内容も、普段中村君と話してることのダイジェスト版(下ネタ省く)って感じにしようと考えているので、結構ゆるめの内容というか切り口になってる気がします。そして、今年は大教大では講演の後に上映会を行いました。そこでは、講演に来てくれたお客さんが僕の作品や、後輩たちの作品を見てくれ感想を残していってくれました。その中に去年も作品を見てくれた高校生の子がいて、その子がわざわざ僕たちに去年より良かったと伝えに来てくれました。嬉しかったのは当然嬉しかったんですが、嬉しいという感情以上に、僕はきっとこの瞬間のために生きているんだなと思うことが出来ました。そんな感情を少しだけでも、講演会に来てくれたみんなに与えることが出来るならば、イラストレーターという仕事は本当に素晴らしいし、そして講演会に来てもらって本当に良かったと、運営側として感じることが出来ました。

来てくれた皆さんも本当にありがとうございます。




そして、明けて翌日11・2。中村君の講演会が愛知県立芸術大学であるということで、僕はマネージャー気分で車で同伴。朝7:30に出発しようという二人の約束だったが、当然二人とも守ることなく8:10頃に大阪を出発。まぁ、それがいつもの約束。
そして、中村君のコーヒー牛乳を盗み飲みしたり、団子を食べて旅行気分を出したりしながら、こずえ鈴の話なんかをしてたらあっという間に名古屋に到着。到着したのはまだ開場の1時間以上前にも関わらず、会場は長蛇の列。ぐへぇ、中村先生大人気だで。

その後、中村君が学生さんと打ち合わせした結果、なんだか僕がMCとして話をすることに。僕は全然いいんだが、向こうの学生さんの仕事を取ったようで少し申し訳ない。
「いいんですか、僕しゃべって?」
と学生さんに聞くと、上品そうな娘さんが安心した表情で
「助かります、有難うございます!」

「・・・あら、そう?じゃぁ、やってもいいざますよ。おほほ」
とまんざらでも無く承諾。

200人以上の人が集まる中で喋る。まぁ、大阪の人間なら燃えるもんです、そりゃ。ただ、松竹で学んだ緊張感なんて微塵も無く、僕のテンションは行きの車の中でIZAMの”ホームレスビジュアル系”って本がある!ってはしゃいでたのとあまり大差は無く、友達の彼女と、友達の悪口で盛り上がるってノリである。

そんな中開場時間も押しに押して、準備が終わった後、10分もすればいきなり本番であった。
講演内容は、空気のものなのであまり詳しくは書かないけれど
・中村佑介少年編 (富山で友人と漫画を描いており、宝塚まで手塚治虫に会いに行く話とかではない)
・中村佑介アジカンとの出会い編(テラさんに手紙で怒られたりするわけではない)
・中村佑介スランプ編(富山に帰って原稿を落としまくり、編集社から干される話ではない)
そんな感じの話が中心。(マンガ道でな無い)

僕としては、知り合いが全く居ない状況での喋りなので調子に乗ってベラベラと喋り過ぎた。講演会に来た皆さんからすると
「何、このデブ?まじウザいんだけど?佑介が喋ってんだから、マジ黙れって感じ!」
とか思われてるんじゃないの?と被害妄想全開で考えていたが、なんだか平和な空気。僕の腐れ脳の予想外に、終始和やかかつ楽しいムードで進み、なんだか長い旅行に行っていた友人の話をみんなで聞いてる。そんな感じで、非常に達成感のある講演会でした。当初の予定では二時間だったのだが、結局気がつけば三時間も経っていました。

その後、お客さんが中村君にサインを貰いに長蛇の列に!僕は横で小さな声でずっと中村君にマンガ道の話題を振り続けていたのだが、中村君はそんな僕の言葉に心揺さぶられること無く、穏やかに、和やかに皆さんと話していました。
そして、横に居た僕にも皆さん声を掛けていってくださり、いやいや有難い。このままの流れで劇画オバQの話に展開しようとしていた自分が情けなく感じました。しかし、ホンマ皆さん僕にまで気を使ってくれて有難うですよ、ほんと。

そして、その後町に繰り出しコメダ珈琲でカツサンド食うたり、焼き鳥屋で手羽先食うたりしながら名古屋満喫。さらに、そこで新しいんだけど新しくないような、新鮮だけど懐かしい、そんな楽しい出会いがあって、講演会でもベラベラ喋ってたのにまだまだ喋る。そして、深夜一時ごろに名古屋を出発して大阪に向かう。結局大阪で布団に入ったのは深夜5時位だったんだけど、最後到着までも車の中では中村君とどうでも良い話で喋ってました。なんせまぁ、よく喋った一日でした。だけど、何一つ退屈な時間はなく、ただただ新しい刺激や、新しい出会いで沢山で、おいおい名古屋は最高じゃないか!そんな一日だったのである。



やばい、内容が全然ないぞ!なんだか独り言のように、ただ日記を書いてしまった!とりあえず、大阪に来てくれた皆さん、名古屋でお会いした皆さん、名古屋で出会った君たち、そんで中村君、有難う!!
やっばい、ピースフルな日記だぞ!!!!








そして、ただでも長いけどここからもう少し告知
11・10 なんばベアーズ 保山ひゃン企画【おもくろライブ】 
18時開場/18時30分開演 前売1500円/当日2000円 ※先着入場者プレゼント有
この日はなんと、20組以上の出演者が!だけど、10時には終わるらしい!
ここに、恋愛研究会の頭脳ニシノヒロシさんと二人で実験SMユニットとして参加します。なんだそれ!ヒントはおでん!

11・11 SOCIOアメリカ村 open 17:00/start 17:30 adv 1500yen/door 1800yen
↓の11日に参加します。対バンさんも素晴らしいので、よろしければ是非この機会に。ちなみに、僕らはThe19chという名前に変わりました。
リンク http://www.idea-estate.co.jp/socio/pickup5.html
10日~15日 (14日別)
【Underground Social Meeting 2008】
ぼーぼーず/獣使い/nanokid/BLONDnewHALF/子供ごっこ/ブローノブチャラティーズ/ライラライ/19CH/ノイズわかめ/したっぱ親分/松前公高/東京ピーチ/THE ECBOWS/Haco/山崎ハルミ/金輪祭/アイドル/水間雄紀/くらげスカッシュ/とんでるくげ/NO305/変色親指/トマトカゲ/Strawberry Party/真馬/桜重奏サーティーン/自分ボックス/シモーヌ深雪/須原敬三/HYSTOIC VEIN/サンセットタイガー/BREAK ON THROUGH/DODDODO/monotone/THE BUGGY HOLD JIVE'S(東京)/猿股茸美都子/red ill princess/THE BALLAD/SPEECIES/ZINGI&THE HUNGER/アリスセイラー&ダメージディストーション/オシリペンペンズ/THE GO-DEVILS/ヨルズインザスカイ/A.C.E./4D小西健司(P-MODEL)/ミンカパノピカ/THE SUN/4-1 しっぴん/THE DISTORTION BABYZ/廃村Z/MINKS/WEIGHT Zero/DJ:ヴァンパイア和田

  


Posted by 群青海月 at 06:00Comments(3)一般