Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
オーナーへメッセージ
大阪なんば味園ビル2Fにひっそり現れたぼくらの秘密基地、なんば白鯨。その弟として生まれたBAR群青海月(ぐんじょうくらげ)。
金属とガラスによる作品に囲まれ、他ではないボトル、グラスでお酒と大量のオリジナルソフトドリンクで楽しい気分になれるお店。
日替わりのスタッフがきままにお喋りします。

2012年02月05日

大阪発 その1

なんば白鯨としては、大阪の良さ、大阪の魅力というものこそが誇りであり、愛するものであり、商品にしていきたいと思うものなのである。最初はやはり、関西のプラスワン、関西のカルチャーカルチャーを目指そうと思ったが、2年を過ぎ気づいたのは、やはり大阪は大阪ということである。それこそが、大阪らしさあでありブランドになると信じているのだが、そんな中新たに力を入れていこうと思うものがある。


「放談」
である。

ここ数か月、白鯨のイベントで話題になっていたのが「放談」である。放談と言えば関西では「レッツゴー正児」師匠などが行っているものであるが、辞書的意味は
”思うままをはばかりなく飾らないで語ること。言いたいことを遠慮なく話すこと”
である。
そう、早い話がフリートークである。それを、舞台上で1人で決められた時間内で行うのが「放談」なのである。これぞまさに、白鯨らしい。大阪らしいスタイルとして育つのではないかと思い、今年は放談師を輩出する店として進んでいこうと思うのである。


白鯨がこれからお届けしたい大阪の文化その1
「放談」



  


Posted by 群青海月 at 20:25Comments(0)大阪文化