Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
オーナーへメッセージ
大阪なんば味園ビル2Fにひっそり現れたぼくらの秘密基地、なんば白鯨。その弟として生まれたBAR群青海月(ぐんじょうくらげ)。
金属とガラスによる作品に囲まれ、他ではないボトル、グラスでお酒と大量のオリジナルソフトドリンクで楽しい気分になれるお店。
日替わりのスタッフがきままにお喋りします。

2009年10月11日

オタクな皆さん!!

ホンマに今日は面白くなりそうなんですが、詳しい告知ができません!
ネットと相性が悪い!書けない!

ただ、個人的は非常に楽しみかつ有意義なイベントの予感です。ゲーム好きな方はじめ、ゲーム作りって仕事に興味がある方は、是非今日遊びに来てやってください!!お願いします。



10/11(日) ゲーマーズハイ
open18:30 start19:00  charge:¥1000 (1D別)
guest:某ゲームクリエーター多数
・諸事情により詳しくは書けません。ただ、ゲームが好きなあなた!絶対来たほうが良いって!来たら後悔しないから!なかなか、こんな機会ないよ本当に!


  


Posted by 群青海月 at 15:58Comments(0)一般

2009年07月14日

オタ電ポッドキャスト

ちうことで、先週からオタ電ブログの公式ネットラジオが始まりました!

その中で我らが竹内先生も好きに喋っているのですが、僕らも番組をやらせてもらっております。
「オタ電ブログの説明書」
という番組をやっております。是非一度、なんとなくお暇なときは聞いてみてください!

http://otadenbc.otaden.jp/





  


Posted by 群青海月 at 10:58Comments(0)一般

2009年07月07日

カレー

昨日、一人でカレーを作りました。

今回はあまり油でこってりは嫌だなと思ったので海鮮にしました。
おうちの冷蔵庫にえび・いか・小柱を見つけたのでそれに。しかし、実家は素晴らしい。

それにセロリ・いも・にんじん・たまねぎ・しめじを追加。

これは酸味を強くしたら美味いはずだ!と思い、大量の生姜と少しのにんにく、それに青めのトマトを追加。


圧力鍋でバチコン煮込んだら、大変美味しく出来ました。


しかし、もっと生姜とトマトベースでも良かったかもしれん。そして、ブイヨンよりコンソメが良かったのかもしれない。



なんで、久々にパソコンから投稿しようと思ったらカレーの事を書いてるんだろうか?
  


Posted by 群青海月 at 20:15Comments(0)一般

2009年04月17日

便利なバンド

先日、サクラダーマッチなるものをやってまいりました。

千日前プロレスという団体がありまして、それはバンドマンが集まって作られたプロレス団体なんですがその特別編として花見客の中ゲリラに試合してきました。その模様がこちら。




しかし最近、わが柏木家も少しだけ歪んできております。
プロレスをやりに月に数度多いときは毎週のように出かけ、帰ってきたら洗濯機の横にそっとマスクを置いてるのです。すると、母親はなんの疑問も無く、さも靴下を洗うように選択してくれるのです。しかも、スパンコールが取れないように洗濯ネットに入れて。
そして、
「これ何?」
とか一切僕に聞いてこないのです。面倒は無いものの、自分がどんな人間と思われてるんだろうと思うと、少しだけ不安になります。そう思い先日、わざわざ直接母親に
「これも洗っといて」
とマスクを出してみたら、
「またバンド?」
と言いながら洗ってくれました。どうやら、母親はバンドの練習に必要なものだと思っているようです。


なんでや!!


「ひょっとして、息子はプロレスをやってるんじゃないか?」
と考えるより
「息子はバンドをやってるからマスクが必要だ!」
と考える母親が少し不安です。

そんな中、さきほど先日”弾着漫才ユニットモナリザス”の”ゾンビ料理塾”で使用した衣装。簡単に説明すると
”コーヒーとタバコの汁とソースと血のりが付いた、随所がビリビリに破かれ、胸に焦げた後があるパジャマ”
が出てきました。まだ洗濯しておらず、今後の事を考え洗濯しておきたいのですが、母親はこれもバンドの一貫として黙って洗濯してくれるのかが不安です。黙ってしてくれたら、それはそれでなんだか嫌なんですが。

とりあえず、もう少し様子を伺ってみます。  


Posted by 群青海月 at 11:28Comments(0)一般

2009年04月16日

みゃー

待ってました!!


http://natalie.mu/comic/news/show/id/15495
  


Posted by 群青海月 at 11:57Comments(0)一般

2009年03月30日

才能とかそんなもんはどうでもいい



今日は、夕方から大先輩ナオユキさんのステージを記録撮影しに中崎町の方へ。

今日のライブは、ブックカフェワイルドパンチという場所で、良元優作さんという弾き語りの方とのツーマンでのイベントと聞いていた。そして、この優作さんはナオユキさんが前々から凄い!と勧めてくれていた方で、僕も今日は半分以上ただ楽しみにカメラ片手に会場へ向かった。

そして、六時を少し回った頃イベントは始まったのだが、さきに優作さん、後にナオユキさん、最後に二人で軽くセッション。という形だったのだが・・・凄い!とにかく凄い!
ナオユキさんの喋りも、肩の力がすっかり抜け、じんわりじんわり心の隙間を埋めていく。あの日のジメジメした記憶を笑いにして、独りぼっちだと思ってた僕のコンプレックスをどんどん昇華してくれる。
それに、優作さんの歌も、上品に僕らの心を鷲づかみにし、気がつけば僕たちは見たことも無い景色を見たような気持ちになり、その景色の中に自分たちの弱さと生きる楽しさを見つけていた。そうすると、悲しくも無いのに自然と涙がこぼれそうになるのだ。

この二人の表現力はとにかく凄く、これを才能だとかいうような言葉で片付けてしまうのはとってもナンセンスな気がした。二人とも、ただ人間なんだと強く思えるライブで、それに我々人間は呼応したのだ。


そして優作さんと話をしたら、初対面だけどずっと前から知ってるような安心出来る匂いがした。一緒に何かやれたらいいな…そう思ってたら、優作さんから声を掛けてくれ、一緒に何かを作れるかもしれない。それなら僕は、一生懸命真摯に頑張ろう。そう思える、少し肌寒い夜だった。


その後、約束していた撮影のため味園に向かう。途中、すれ違いに偶然出会った人に少しすっぱい二日遅れの約束を渡し、帰り道今日の約束を思い出しながら帰り道という曲を流してみた。


良元優作
http://ysaku.exblog.jp/i7


  


Posted by 群青海月 at 04:48Comments(0)一般

2009年03月26日

ねとらじ

実は私、ネットラジオなどやっております、三年ほど。
ちと、音は悪いとこもあるんですが、今回は早漏と鬱病の話をまともに科学的に馬鹿馬鹿しく分かりやすく説明しています。
久々に、自分で聞きながら笑えたのでなんとなく今日はお勧めしてみます。


青春あるでひど第143話「早漏 ふせぐでひど」
http://www.voiceblog.jp/seishun-cho/


  


Posted by 群青海月 at 03:34Comments(2)一般

2009年03月19日

真剣

侍戦隊シンケンジャーのOPをGETしました。実家に帰ったらお兄ちゃんが買ってました。(31歳)

チャンチャンバラチャンバラ♪

と、いい歌なんですが、正直若い声にそろそろ飽きてきておりまして。サイキックラバーという人が歌ってるのですが、ちとお腹一杯。僕らアラウンド30な人間的には、やはり串田あきらさんなんかが歌って欲しいんですよね。ってか、バランスよく混ぜて欲しい!サイラバが嫌いなわけではないんですよ。




それにしても、イカしたデザイン!!シンケンオーも久々にドキドキしちゃうデザインだし!シンケンジャー評判もいいようで、今後楽しみですね。  


Posted by 群青海月 at 11:51Comments(1)一般

2009年03月17日

サイキッカー

ここ数日、会う人会う人に
「サイキック終わっちゃいましたね」
という話になる。それに、少しお久しぶりな方々からもメールや電話で
「サイキック終わってもうたね」
なんて連絡が来ます。そうか、この人もこの人も聞いていたんだなと。

中学校の頃、自分くらいしか聞いていないと思っていたサイキック青年団だったのだが、ある日サイキック読本を学校に持っていくと私立男子校という境遇も手伝ってか、クラスの半数以上が実はリスナーだったと分かった時のことを思い出した。

そして、
「あなたの隣にも、きっとサイキッカーはいる。」
なんて言葉を思い出したりするのである。  


Posted by 群青海月 at 13:22Comments(3)一般

2009年03月16日

流転の先

大学に入った時、僕は人間嫌いでした。本当は逆なんですが、大学という場所や社会に対して過度な期待を持っており、高校以上の楽しさと、知らない世界が広がると思っていたのに、大学生の感覚がなんだか薄っぺらく感じてしまい、早くここから抜け出したいとばかり考えて、学校ではあまり人と話さないでいつもイヤホンをつけて生きていました。

そして、人ごみを避けるようにして人気の少ない広い教室で駅前のコンビニで買ってきたパンを食べながらイヤホンだけを娯楽に時間がたつのを待っていました。イヤホンからは、好きなバンドのアルバムが何度も何度も繰り返し流れていたけど、それでも僕は一人でいたい、ここに居たくないと感じながら教室で座っていました。だけど、そんな僕に何度も居場所を作ってくれたものがありました。それがラジオでした。日曜日にわざと早く寝てカセットテープに取ったラジオ番組を、月曜日学校で聴いているときに僕のいる場所があると思って救われたことが何度もありました。そして、僕はこのカセットテープの先にいる人達に褒めて貰えるように生きていこうと思いました。

そして、僕は大学を卒業して色々な道を歩んできましたが、最近やっとその人達と一緒に自分が自分として話が出来るようになってきました。それは、僕にとってはどんな地位や財産よりもきっと大切なものだと思います。そして、カセットテープの先にいた二人が話してるのを見つめながら、この人達に憧れていたのは間違っていなかったなと感じていました。


だけど、世界は転がり続け、全てのものは流れていきます。理不尽な終わりがあったり、抗えない事情もあるのが世の中だと思います。だけど、僕たちが出来るのはきっと後悔ではなく、これからの希望を抱くことだと思います。そのために出来ることは、まずは自分の気持ちをや感情を声に出して伝えることだったり、何よりまず僕はお礼を言いたいと思いました。簡単なメールですが、先日
「微力ですが、僕に出来ることはなんでもいたします。何か出来ればと思っています。」
と伝えると、
「ありがとうね」
と返事をいただきました。まずは、カセットテープの向こうにいた二人に僕は元気になってもらいたいなと思います。それが全てのこれからに繋がると思うのです。  


Posted by 群青海月 at 03:19Comments(0)一般

2009年03月13日

流転

先の日記にも書いたのだが、昨日は同期である松原タニシが運営しているイベントに御呼ばれして出てきました。
彼は芸人として今年で7年目で、そう考えると僕もうっかり流れる枝のような人生は小学校からはじまり、今年で中学生の枝になると言うことなのです。ふむぅ。

そんな彼とは松竹時代にピン同士ということもあり仲良くしていたのだが、当時”いつか一緒に舞台に立ちたいな”と話していた仲でした。しかし、僕は芸人という道ではなく、いわばサブカル界隈の住人となったわけです。しかし、現在小さな舞台であろうがどこの舞台であろうが、7年経った今一緒に何か出来ているのは本当に嬉しいことである。友人や先輩など、自分の好きな人が世に認められていくのは嬉しい、最近ではナオユキさんがR-1で活躍したりとあったわけだが、僕の中で本当に嬉しいのは変わらないまま笑いを追及している姿が嬉しく、尊敬できるのである。

そして、昨日のタニシの舞台では、タニシ以外にもタニシを慕う後輩がいたり、そしてHTHというコンビの竹下さんという人がいるのだが、竹下さんが僕の事を”カシワギ”と数年前と変わらず呼んでくれて、終わったあともわざわざお礼を言ってくれたり、仲間として扱ってくれたことだった。向いている方向はバラバラだけど、それでも横に立てば変わらず笑ってくれる。それはとってもいい事だと思う。



その後、最近嫌なことが重なり元気を無くしている深夜喫茶銭ゲバのオーナームヤニーさんに会いに銭ゲバへ。元気づけようとコンビニでシュークリームとカールを買って店へ。食べてくださいとお菓子を出すと、「ケーキを貰ったから一緒に食べよう」と出してくれる。きっと、誰かが元気付けようと買ってきたケーキなんだろう。そして、ケーキを頂き、カールを食べていると他のお客さんが来て「食べて元気になってください」とマクドナルドを片手に来店。そして、カールを食べる僕は、横からポテトを頂きながらゲームをしていた。なんだかそれは、とってもいい事だとやはり思う。


その後、フランス座というお店に少し話があり顔出すと、夜の深い時間に弾き語りをしている女の子が。初対面なのにサンドウィッチをくれたりしたので、お返しに持っていた紅茶をあげたりしながら、だらりと一時間くらい話していると、なんと彼女は僕の大学の後輩が7年やっているバンドのボーカルで、僕もそのバンドを7年前くらいからしっており、音源は持っている。という驚きな関係。全てはバラバラに起こっているようで、やはり世界は繋がりながら回っているんだと実感。改めてはじめましてと挨拶をして、帰り際にパンダのシールをくれたので携帯に貼ることにしました。


情けは人の為ならずなんてういうけど、本当にゆっくりかもしれないけれど自分がやっていた何かっていうのは、待っていたらちゃんと自分に帰ってくるんだと思える一日。僕の青春であったサイキック青年団。きっといつか、ちゃんとお礼がしたいなと思うのである。  


Posted by 群青海月 at 03:12Comments(2)一般

2009年03月06日

おたでんまつりの模様

っつーわけで、久々に実家からパソコン通信中ですので今更ながらレポートなどを。

えっと、先日このブログのイベントが行われました。なんばROCKETSという、思いっきりライブハウスな所で行われたわけでして、しかも今回はかなりフリートークなイベント。ぶっちゃけ、開けるまでオモロイかどうかわからん。ってのが、やってる側の感覚。しかしまぁ、この感じが僕は大好きなわけなのだが結果的には成功と思われるイベントでした。

全体を通して、竹内義和先生とこのブログの社長であるトキレプリカントさんの喋りからはじまり、ガンダム座談会あり、メイドコーナーあり、映像ネタあり、R1サバイバーのナオユキさんのスタンダップあり!まぁ、ごちゃごちゃしてバラバラのようなのですが、実は全て同じ味付け!そう、王将的なことなのです。全部違うけど、全部同じ店の味!あぁ、実家が王将だったらいいのに!

コーナー、一つ一つ紹介するのもあれなんで(面倒臭い)、個人的に感じた印象を。

この日の竹内先生は、何故か下ネタ負けず嫌いギア!この先生、大人であり尊敬できる人なのですが、何故か下ネタになったら物凄く負けず嫌い!なんでや!w
終始下よりな感じで進んでいたのだが、後半お手伝いしてくれてるメイドさんに何度も聞いていた会話が象徴的な一日でした。
「世良正則と奥村ちよが結婚したらなんて名前になる?」
 「・・・せらちよ」
「ぎゃははは!」
あと、楽屋でずっと僕に
「チンカス掃除ってサービスがあれば、命がけで考えるよね」
って話しかけてくる竹内先生を見て、あぁ尊敬できるなぁと思ったのでした。


次に印象的なのはなんと言ってもナオユキさんのすたんだっぷ!!
なんせキャラ、コント主流の現在のお笑い会において徒手空拳、体一つでマイクの前に立つ姿はサムライなのである。かっこいいだろ、そりゃ。しかも、ネタの内容も力まずきばらず、それでいて随所に話術とテクニックが織り交ざっており、憧れてしまうのである。今回も、20分という時間でお願いしたのだが、あっという間の20分間。友達と盛り上がってしまい、帰りが遅くなった学校帰りのたこ焼きや。なんだか、そんな事を思い出す空気感。それを一瞬で作るナオユキさんに感動したのである。


そして、この日オタク文科系の部室もしくは、テスト明けの友達の家の深夜2時の空気を纏う出演者の淀んだ空気を根こそぎ明るくしてくれたメイドさん達。日本橋にあるアトリエMiMiというお店のメイドさん達に出演してもらったわけだが、いや本当に良かった。小学生の頃、教室に花を飾るだとかって感覚がさっぱりなく、
「遊べないし食べれない」
という理由で花に一切価値を見出せなかった僕ですが、今なら分かる気がします。その理由をこの日出演してくれた4人のメイドさんに教わりました。いや、ホント良かった。
写真が楽屋で写メを撮る南半球さんバージョンで申し訳ないですが。この日は4人のメイドさんで、チョッパーちゃん、みるくちゃんという新人のメイドさん二人と、歌も歌ってくれたいよなちゃん、らびちゃんというメイドさんだったのだが、その歌がまた良かったのである。先に出たらびちゃんというメイドさんが二曲目に歌った”うしろゆびさされ組”


そして、後に出たいよなちゃんが歌った曲がたんぽぽの恋をしちゃいました!!!!!!!!
この曲、僕の人生で大切な歌アイドル部門ではベストと言っても過言ではないほど思い出詰まりまくった曲なのである。正直、今まで黙ってたけど僕楽屋でうっすら泣いてました。だってさぁ、もう色んな事思い出すわ、歌詞はキュンとするわ、一生懸命歌ってるわ、これで何も思わない奴の血は何色か疑うっつー話なのです。



あぁぁぁ。



えぇっと、あとそれに加え南半球さんぬまっちさん、


そしてブログではオジさんこと吉田徹先生!それとセイラさん!(らびちゃん)


この四人でのフリートークコーナー!ガンダムに特化して濃くなるわけではなく、誰が聞いても愉しい話であり、特に吉田先生のガンダム外のお仕事の話なんかも聞け、大変素晴らしい!


これ以外にも尻プロさんに協力頂いた映像コーナーはめちゃくちゃ面白かったんですが、内容はネットではちと書けないのであります。


とりあえず、ざっくり振り返るだけでもこんな感じ。そして、最後にオタ電ブログのアワードを決めるという言わばこの日のメインがあったのだが、トラブル発生!受賞者リストなどの資料が消えた!見当たらない!とりあえず、会社も近いし取りに行くことに!うわぁ、とりあえずなんかつながな!

とまぁ、そんなバタバタした感じでそのまま授賞式になだれ込みイベントは終了したのであった。



しかし、久しぶりにしみじみいいイベントであった。面白い。是非、二度目三度目とやっていきたいもんである。
ってか、やろう。

何はともあれ、お客様、出演者様、関係各位お疲れ様でした。おもろかったですね!


※写真提供:大魔王  


Posted by 群青海月 at 04:33Comments(6)一般

2009年02月10日

中村佑介講演会

昨日、2月8日は友人の中村佑介君の講演会が、大阪市デザイン研究所で行われ、僕も一緒に話をする進行役として一緒にお邪魔してきました。

中村君との講演会はこれまで何回かやっており、やっと少しこなれてきたような感じなんですが、それでもいつもいつも講演会に来ている皆さんのいい意味でのがっつき感はすばらしく、何か少しでも感じて帰ろうとしている大勢の人の前に立ち、僕もいつも非常にいい刺激を貰います。


僕的にもいつも中村君の講演会や、その打ち合わせの中で彼の新しい部分を見つけているし、何より中村君自身がイラストレーターとして変わり続けようとしているので、講演会といっても中村君が皆さんに何かを教えるといった感じでもなく、ただ彼の思考の中に皆が自分との共通事項を見つけだし、それを自分にフィードバックしようとする様は、講義というよりは制作活動そのものかもしれないなぁと間に立ちながらいつも感じるのです。


僕は高校時代、盲目的にただ毎日の時間を浪費するように生きていたし、多分中村君もそうだと思う。ただ、その頃の自分に比べ講演会で出会う皆さんは行動力と自立心が非常にあり、嫉妬ですらないリスペクトに近い感覚を持って僕も自分の足元を見つめなおそうといつも感じるのです。


来場者の皆さん、運営されてた皆さん、そして中村君。講演会お疲れ様でした。そんで、ありがとうございました。
出来たら、こういう講演会はもっともっとやっていけたらいいのになぁ。そう思う一日でありました  


Posted by 群青海月 at 00:05Comments(4)一般

2009年01月24日

どーでもいい事を三つほど

先日、中村君(イラストレーター)に電話をして、
「今日は何してた?」
と聞くと
「一日中スザンヌの画像集めてた」
との答え。流石、中村先生!
なんでも、スザンヌは非常にアンバランスに尻がでかいそうだ。




確かにでかい!!



今しょこたんの番組を見てたら、CMが京橋とかのパブとか、エロビデ屋の宣伝ばっかりだった。
「ざまぁみろ!」
と思った直後に
「サブカルだ!」
と思い、悔しさでいっぱいになりました。糞!



さっき、シュークリームを食べたあとに指をぺろりとなめたら違和感が!
もう一度ペロリ。ん??


苦い!!  


Posted by 群青海月 at 01:37Comments(2)一般

2009年01月23日

今年のテーマ

最近なんだか色んな事がバカバカしくって、誰かのご機嫌取るって作業がホトホト無意味な気がしてきました。全ての関係が等しくいいかげんで、等しく真摯でありたいなと感じているのであります。

そんな僕が今年成し遂げたいと思うものが、はっきりしてきました。


まずは僕の兄さんである山田ジャックさんとホームレスのDVDを完成させる。
色々上手くいかない部分もありますが、面白いものにはなってきております!好きだ西成!

そして、オナニーの本を作る!これは絶対形にしようと思っております。是非皆様ご協力お願い致します。
協力してくれる方が増えはじめ嬉しい次第であります。

そんで、何故か今僕の中でとても盛り上がってきてるもの。
神社!
何故か、神社が今僕の中で非常に熱いのです。日本古来からの宗教である神道。それが、自然と政治の中で色々発展して来てるのですが、その政治的に意味合いなんかは明治と戦後に大きく変化しているというのが非常に気掛かりです。本質的に日本人は、何を信仰して来たのかに何故か非常に興味が湧いておりますので、神社に色々巡ろうと思います。
とりあえず、改めて
・伊勢神宮
・熊野那智大社
・出雲大社
・大神大社
を出来たら春までには訪れようと思います。すげーぞ、日本!  


Posted by 群青海月 at 00:04Comments(3)一般

2009年01月22日

前川清!

今日はなんとなく新歌舞伎座に行って参りました、前川清を見に!(倒置法)


公演は梅沢富美男さんとのお馴染みの公演って感じらしいのですが、まぁ凄かった!
お値段はわずか3000円で(3F席)、何と三部構成!内容は
1部:お芝居
2部:歌謡ショー
3部:舞踊ショー
豪華!しかも、間には老人対応した30分休憩が!休憩だけで合計1時間!!


正直、歌謡ショー目当てで行ったのですが、まぁ驚いた!
まず1部のお芝居は忠臣蔵!内容的にもアドリブバンバンで随所にババァ爆笑のネタが仕込まれている。特に大石蔵之助役の前川清のお芝居は素晴らしく、終始ちゃんと話を聞いていないバカ。簡単にいうと、志村けんのバカ殿のポジションで、お芝居の出番中はババァみんな大爆笑の嵐!なんせ、いい意味えゆるく作られている!どれくらいゆるいかと言うと、忠臣蔵なのに討ち入りが無い!!スゲェ!斬新!若い娘を手篭めにして、討ち入り先の見取り図を手に入れるってだけの話。けど、面白かったなぁ~~。

そんで、2部は”長崎は今日も雨だった”から”そして神戸”へと続くヒットソングメドレー!!

ちなみにこの間の喋りも見物で、おばちゃんらが手渡しでプレゼントを持って来て、それを受け取りながら前川清と梅沢富美男がお互いに笑いながらけなし合うってネタで、
「とみおちゃんのファンはほんと太った人ばっかだね」
「前川さんのファンはほんと化粧が濃い人ばっかだね」
「そう、うちのファンはブスばっかなの」
「さっきの人は特別ブスだったね」
場内大爆笑
終始こんな感じ。いやぁ、楽しい。

そして、何故か動くゴリラと、煙を吐く巨大ガマガエルと動きながら鼻から煙を出す羽の生えた象のでかいヌイグルミ?メカ?が登場する、なんだか本気のダンスショーがあり、4時開演のショーは1時間の休憩を挟みながら7時40分まで行われた。うむ、素晴らしい!


そんなこんなで6月には移転してしまうのですが、凄いぞ新歌舞伎座!!
次は4月に五木ひろしの61曲コンサ-トを観に行こうと思います、3000円だし!!


  


Posted by 群青海月 at 02:02Comments(1)一般

2009年01月13日

SMと新年のご挨拶

一昨日”夜行金魚”と言うイベントに行って来ました。和装フェティッシュイベントというやつで、味園ビル2F全体を使っての楽しいイベント。

今回は日程もちょうど良かったし、なんとなく行こうかな?と思っており、ふとパンフレットにコラム(オナニ-の話)を書かしてもらったりだったので、浮世の嫌事を忘れようと行ってきたのです。イベント自体はショーがあったり、ライブがあったり、DJがあったり。今回の見たいものとして前半期待していたのは、一緒にモナリザスというユニットをやっている(何ユニットかはよくわからない)、西野ヒロシさんのDJ…というか、正直に書くと衣装が大変気になっておりました。今回のテーマとして”和”があったので、前日から西野さんは甲冑とボディスーツを融合し、それをゴシックかつフェティッシュに着こなすとの事。これは凄い!

そして出来上がったのがこちら!(撮影:ムヤニー 無許可使用)





写真じゃ分かりにくいけど、カッコいい!!ファイナルファンタジ-!もしくはサムライダー!w



そして、深夜に差し掛かった頃いよいよショーの時間!入り口で前のほうに詰めて座ってと言われたので、友人とそそくさと前のほうへ。しっかり見れるが少し狭い。そんで前のほうはみんな座ってみる感じなので、バタバタとそのまま正座で座り込む。
ショーの内容は、縛りで女の子が天井からぶら下げられて蝋燭やらタオルやらで、そして抱擁。という、職人芸と愛情を足して見たらエロじゃなくて、アートになったと言う感じで小道具やらなんやら含め、めっちゃちゃんとしててとても面白かった。なんか、勉強になった。ただ途中から問題が。思ったよりショーの時間は長く、そして僕の体重は思ったより重い。ふむ、正座が間違いであった。ショーの途中から足が痛いとかじゃなく、感覚が全く無くなってきた。しかも靴を履いたままなので、一人SMもしくは一人サブミッション状態。

えぇっと…足とかってこんな短時間で腐ったりしないよね?

心の中で誰かに何度も確認を取りながら、僕は心の平静を保っていたのである。


他にもショーやらなんやらを色々見て楽しかったのだが、このイベントはそれ以外にも人と会うということが沢山あるいいイベント。お陰で沢山の出会いや再会があり、久しぶりのご挨拶や新年のご挨拶が沢山出来た。そんな中イベントもほぼ終盤の朝方5時。一本の電話が僕の携帯を鳴らした。着信を見ると”松本美香”さんからの電話であった。

美香さんは、僕の心の姉御でありオタク仲間。そもそもはモーニング娘。とジャニーズが好きなアイドルヲタ仲間だったのだが、最近はめっきり特撮、ライダー仲間である。そんな美香さんのからの深夜の電話に出て、まずは僕が
「明けましておめでとうございます、今年も…」
と言い終わる前に、それを遮って美香さんが僕に2009年初めに話した内容は
「どういうことよ、キバ!このままやったら寝られへんから電話した!」
であった。そして続く言葉は
「残り一話まで我慢してたけど私、渡(主人公の名前)の事全然好きになられへん!どういうこと!」
であった。今年も退屈しない、いい一年になりそうである。

とりあえず、早く仮面ライダーディケイドが見たい僕である。


PS.僕もキバはかなりきついです。ブレイドの次くらいに。  


Posted by 群青海月 at 17:34Comments(0)一般

2009年01月12日

R1観戦

先日書いていたぬまっちさんの事について、続きを少し。


まず簡単に説明。ぬまっちさんは松竹所属の芸人である。現在代表的なネタとしてガンダムのキャラクターである”シャア・アズナブル”の物まねを主軸としたネタを持っている。ので、世間的には”シャアの人”と言う認識で見られることが多いのではないだろうかと思う。そして、そんなぬまっちさんと僕がいつも会うのは”ガンダム講談会”であり、そこはいわばぬまっちさんからすればホームなのである。しかし先日、ぬまっちさんがR1に出場すると言う。当然、ガンダム講談会とは違い、日本人のたしなみとは言え”シャア”のことを知らない人間も恐らくいるだろうと言う舞台。マニアックなネタというかは、間口の広い一般受けするネタのほうが有利であるのは間違いない。しかも、予選のネタ時間は2分。確実な笑いがほしいところである。

そんな状況であるので、普段とはま逆の超アウェイな場にぬまっちさんが赴くと言うのは、いわば男が戦場に向かうようなものである。これは是非見届けねばと、R1予選会場に様子を見に行ったのである。

この日の予選は11時からはじまり、1ブロック30人。これをAからGブロックまで、およそ200人のネタが怒涛のように進むのである。ぬまっちさんの出番はGブロックであると事前に聞いており、お客さんがネタ地獄の中で弱ってきている時間であり、非常にやりにくいであろうと考えられる出番。予定の時刻より少し遅くなってしまい、もう始まっていないかと小走りで会場に向かうも、受付で”ぬまっちさんはまだですか?”と聞くと、”あ、トリなんで大丈夫です”との事。

え!

なんと、大トリらしい。いや、これは大変にやりにくい。もう、軽く腐り始めるくらい弱ってきた所でのネタである。うむむ、頑張ってほしい。


しかし、会場はまだFブロックが始まったところと言うのに疲労しきった会場。淡々と行われていくネタの中でうつむいていく観客は、始業式のやたら長い校長先生の話を聞く中学生のよう。”あぁぁ、ここは地獄だ”本気でそう思い、何故かニヤニヤしていた。すると、突然途中元ダックスープのスタンダップコメディアン”ナオユキ”さんが登場!おぉぉぉ、出てはるんだ!まずそれが驚き!しかし、かつてないほど重い空気の中!!しかし、流石というか勉強させて貰った。出てくるときの歩き方、話し始めるタイミング、声のトーン、それだけでナオユキさんは会場の空気を緩やかに流し始めた。そして、安定した構成と間で淀みきった会場に、一筋の抜け穴のようなものを示しナオユキさんは捌けて行った。


しかし、安心したのもつかの間会場の空気はGブロックラスト30人に入る頃には混沌を極めていった。ボケが一切無い、何を言っているか2分通して3単語くらいしか分からない、さざえさんのEDの真似をするムキムキのおっさん、自分の影に怯え叫ぶ男。そんなオモシロ人間大集合のようになってきた会場で、僕らの笑い声だけが響き渡り、気がつけばそこはアングラな香りのする危険な舞台になっていた。もはや観客も、何を見に来たのか分からなくなってきてさえいる。そんな中、シャア芸人ぬまっちは最後に爆笑の嵐を起こし予選突破するのか!?果たしてシャアはこの空気を振り払うことが出来るのか!?

そんな緊張感の中、ぬまっちさんので出番がやってきた。そして、袖から出てきたのは坊主頭に帽子を被った男。そう、御大、富野由悠季監督のネタでぬまっちさんは戦場に現れたのである!!

はっきり言って、ぬまっちさんの御大物真似やたらと完成度が高い。しかも、ここ数ヶ月でさらに磨かれたネタである。しかし、しかしである!多分、予選会場のほとんどが御大の事を知らない!しかし、それでもネタの内容で空気を作っていくぬまっちさん。はじめは僕ら以外に一人だけが爆笑していたのだが、それが広まってきて御大を知らない人たちもなんとなくルールが分かってきて笑い始めた。おぉ、いいぞ!いけるぞこれは!しかし、そう思い始めた頃に時間となり、ネタは終了してしまった。



己の笑いを信じ、自らのオリジナリティ、個性で戦場に向かった男”ぬまっち”僕はその姿を見届けにこの日R1会場に足を運んだ。その姿は戦士であり、ROCKであった。あとは結果がついてくれば完全な勝利である。


結果は・・・



一時予選通過!!


ナオユキさんが!!おめでとうございます!!



ぬまっちさんは残念ながら、通過ならずでした。けど、そりゃそうだわな。だって、みんな知らんやろう!

しかし、それでも男の散り方としては素晴らしく、僕の心には熱く深く刻まれた一日であった。



  


Posted by 群青海月 at 19:31Comments(3)一般

2009年01月07日

ばばあのタイヤキ

大晦日には毎年親族揃って奈良に初詣に行く。
そこでお参りしてにゅーめん食べるのが、柏木家40年続く恒例行く。


しかし、その行事に5年前くらいから新しい行事が僕の中で増えた。それは、屋台で昔ながらの鉄板で丁寧に焼かれたタイヤキを食うことだ。奈良の辺りはどうやら小豆なんかもよく食べられるようで、中のあんこは美味しいし外の皮も鉄板でちゃんと一枚づつ焼かれてるので外はサックリ、中ふっくらでめちゃうまいのである。しかも、一個120円だし。

んで、その店はばあさんとじいさんとおっさんでやってるのだが、メインで焼いてるのはばあさん。最初買った時もその雰囲気から美味そうだなと思ったのがきっかけであった。


そして、今年も買おうと思っていたのだがその屋台だけがおそろしい行列。どうやら、行列が行列を呼び、鉄板で丁寧ゆえに回転が遅いのが災いして一行に列は動かない。10分ほど並んだが、せっかく並んだからと沢山買う客が増え、さらに全然動かない。家族もまたしてるし今年は諦めようと思い列を離れる。そして、もどると途中他にタイヤキ屋台を発見。そこはおっさん一人でやってるのだが、鉄板はさっきと同じものを使ってるし、悔しいから買おうと思い、列の無い屋台でおっさんからタイヤキ購入。

食べてみると・・・



めっちゃウマイ!!!ばあさんとこと遜色ないくらい美味い!!

あれ??


っつーわけで、来年からは混んでたらおっさんの方でいいかな?と思った新年。
結局あの列は、タイヤキに並んでるわけではなく、言わばばあさんに並んでるわけだ。なんで、これから食い物屋をやろうと思ってる人は、店の目立つ場所にばあさんを置いてみたらいいかもしれない。思った以上に日本人はばばあに弱いのだ。  


Posted by 群青海月 at 00:12Comments(4)一般

2009年01月03日

開けた?空けた?いや、明けた!

おめでとうございます!さよならカシワギVer.2008、こんちはカシワギVer.2009になりました。皆様、このマイナーチェンジを是非、共にお祝いしてください!

マイナーチェンジの瞬間であるカウントダウンのときに僕は何をしていたかというと、柏木家総出で行く奈良の初詣に24時出発と聞いてうっかり風呂に入ってると、”準備が出来た”と予定より早く出発。
そのため、髪の毛濡れたまま出発(ちなみに特攻の拓用語でこの漢字は”でっぱつ”と読むのが正しい)。そして、止まらぬくしゃみ!一晩でティッシュ一箱使う、漫画みたいな鼻水風邪!なので、僕は2009になる瞬間は風邪を引いてましたとさ!

というわけで、おめでとうございます!


そして、明けて昨日元旦。即ち、カシワギVer.2009の始動の日、僕が一番頑張ったのはロックマンでした!流石2009は一味違う!銭ゲバにてムヤニーさんにお願いして新作ロックマン9をダウンロード!そして、念願のプレイ!ギャーーす、スゲー難しいよ!けど、面白かっこいい!8ビット!音楽イイ!消えるブロックとか大人気ない!
しかも、心が折れそうになったときタッグパートナーであるふぁみこ登場!そうだ、オレたちはタッグチャンピオン!!(千日前プロレスでは)こんな所で負けるわけにはいかない!そして、ケンダマン&スクリューキッド顔負けのコンビネーションで、夜が明けを迎える前に我々は8体をなんとか倒したのである。(ワイリーステージはまだだけど)


そんな、非社会人的な夜の合間に親族へのご挨拶と、おせちを頂く。
その中で、お酒が好きで冗談も好きな親族のおじさんが酔っ払うといつも駄洒落を言うのだが、未だに「南海岸和田駅から・・・」
という会話があると必ず
「一回乗っても南海電車!」
と叫ぶ。このギャグ、僕の記憶だけでも最低20年は使われており、その口ぶりやテンションから考えると、きっと学生時代から使ってる気がするのだ。そうすると、このギャグは40年位使われてるということになるのだ。コレは凄い!!

僕達はおせちの”くわい”や”棒鱈”なんかを美味いと感じ、お年玉も無関係な生活の中ですっかり大人になって、自分は変わってる気になっているが、実は人間は20歳くらいからあまり変わらないのではないだろうか?と、このおじさんのギャグを聞くたびに僕は考える。実際僕は車の運転中、国道2号線を通る時、必ず150%の確立で”ファインディング2号”と言ってしまう。別に受けた試しも無く、面白いと思って言ってる訳ではないが、2回通れば3回は言う(150%)くらいの頻度で言っている。

しかも、僕の意識では毎回言ってるつもりではなかったが、今23歳になった後輩に聞くと、どうやら彼が18歳の頃には僕は必ず言ってたらしい。なので、既に5年は言い続けてるようだ。恐ろしい。何のメリットも無いこのギャグを、僕は5年も続けているのだ。しかし、きっと僕はこのまま色々な面白くも無い口癖のようなギャグを言い続けて年をとって、還暦を迎える頃も同じように呟いているのだろう。

そう思うと少し、「一回乗っても南海電車!」というギャグも、カッコいい言葉のような気がしてきた。



とりあえず、今年もよろしく美味しんぼ!B・カシワギ!  


Posted by 群青海月 at 03:47Comments(0)一般